Stonewall peakへ登ろう!Cuyamaca Rancho州立公園トレッキング

Cuyamaca Rancho 州立公園とは

Cuyamaca Rancho State Park(クヤマカ・ランチョ州立公園)はサンディエゴの東部凡そ60~70㎞に位置する広大なカリフォルニア州立の自然公園で、その中にはキャンピングエリア、ハイキング、自転車、乗馬などが楽しめる総延長160㎞を超えるようなトレイルコースが整備されています。

アウトドア好きのあなたに、こんなアメリカの大自然の中を歩いてみたり、キャンプをしてみたりと言ったアクティビティは如何でしょう。

きっとあなたの大切な旅の1ページを思い出深いものにすることができるでしょう。

 
キャンプエリア パソ・ピカチョ

標高約1,500m
(約5,000Feet)

・有料シャワー付きトイレ/トイレ完備
・薪、氷などは購入可能
・通訳のサービスは夏のシーズンのみ
・キャンプ料金は1泊30ドル(車両1台込み)、追加車両は1泊10ドル
・1キャンプサイトの人員は8名までの制限あり
・4月~10月の週末は予約が必要のようです。
近隣にストーンウォールピークとクヤマカピークという山があり、絶好のハイキングコースとなっている。
グリーンバレー

標高約1,200m
(約4,000Feet)

・条件はパソ・ピカチョに同じ 気軽に水遊びができるカスケード(人工滝)や浅いプールが用意されている。
ディユース(キャンプエリア) ・キャンプエリアのピクニックエリアを1台当たり10ドルの料金で使用できる。
・エリア内にはテーブルやトイレ、バーベキュー設備もあり、追加料金なしでハイキングもできます。

 

Stonewall Peak(ストーンウォールピーク)の概要

Stonewall peakはCuyamaca Rancho州立公園内にある単独峰の山で、標高は5730 Ft (1747m) ,山頂は大きな岩の塊で構成されていて、ロッククライマーの間でも人気の高い山のようである。

カリフォルニア州であるが、冬のシーズンには積雪もあるという。

Cuyamaca PeakとStonewall Peakどちらの山も頂上までトレイルコースが整備されていて、週末などには多くの市民や観光客などが、思い思いのスタイルでハイキングを楽しんでいる姿が目撃されます。

 

ストーンウォールピーク(Stonewall peak)トレイルコース(登山道)

ストーンウォールピークのトレイルコース(登山道)は標高差は約900Ft(300m程度)ですが、スイッチバックになっているため,歩く距離は約4マイル(6キロメートル)位になります。

まずはトレイルヘッド(登山口)、標識にはトレイルコースがスイッチバックである旨が説明されています。

トレイルヘッドの標識
トレイルヘッドの標識

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレイルヘッドを通過するとまもなく正面にストーンウォールピークの姿が目に入る、全体に岩が多く、頂上直下には岩が集中しているのが見て取れます。

ストーンウォールピーク
ストーンウォールピーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この周辺の山は過去に幾度か山火事にあっており、未だに木々には山火事の名残を残しているようである。
山の全体的なイメージはそう大きな木はなく、低木が続いているという印象で、見晴らしは良い。

焼けた跡
周辺の景色

乾燥状態で土埃の舞うスイッチバックのトレイルコースをジグザグに登っていくと、やがて目の前に大きな岩の塊が現れる、頂上直下の大岩の塊である。

頂上直下の大岩群
頂上直下の大岩群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな斜面で足を滑らせたら・・・と思うだけでぞわぞわします。

大岩の斜面
大岩の斜面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上に登るため、岩の斜面に造られた階段状のトレイルコースだが、自己責任のアメリカでもさすがにこれは安全確保の為であろうか、頂上までの岩の階段に沿って手すり上のパイプが整備されています。
これが無かったら怖くて登ることは出来なかったでしょう。

頂上に続く岩階段
頂上に続く岩階段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上からは360度の眺望で、邪魔するものは何もありません。

頂上の景色
ストーンウォールピーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高さ50mはゆうにありそうな大岩はロッククライマーの練習場所としても人気があるようで、1人のロッククライマーが本格的な装備で登ってきました。

ロッククライマー
ロッククライマー

夕日に染まるストーンウォールピークはまた違った姿を見せてくれていました。

夕日に染まるストーンウォールピーク
夕日に染まるストーンウォールピーク

 

Cuyamaka Rancho州立公園で出会った小動物

Cuyamaka  Rancho州立公園内には多くの小動物がいるようですが、たまたま遭遇できた小動物です。

巣から顔を出したリス?(名称不明)
巣から顔を出したリス?(名称不明)
青い羽の鳥(名前不明)
青い羽の鳥(名前不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cuyamaca Rancho州立公園へのアクセス

サンディエゴからCuyamaca Rancho州立公園にアクセスする簡単なルートは、フリーウェイ805号線、もしくは5号線などからフリーウェイ8号線(クムヤーイ・ハイウェイ)に乗り、La Mesa(ラ・メサ)、El Cajon(エルカホン)を経由して、Julian(ジュリアン)へと続くCA79号線を目指します。

HWY8号線からCA79号線へ降りたら、ひた走ること約15km(10マイル弱)ほどで、Cuyamaca Rancho州立公園のビジターセンター入り口に到着すします。

 

オプションの選択肢

いろいろなアクセス方法があり、あなたのスケジュールや予算等を考慮しながら選択することになるでしょうが、これらの計画・手配等をすべて自分で行うのもなかなか大変なことですね
そんな時、便利なのが海外旅行のオプショナルツアーの専門会社を利用する選択肢です。

海外でのアクティビティなどを言葉の問題や、いろいろな不安の種となる心配毎を気にせずに思いっきり楽しみたいですね。

そんな時にあなたのやりたいことをカバーしながら、すべて日本語で対応してもらえることは、旅のすべてが楽しいだけのものになると確信します。

海外旅行が初めての方、或いは海外旅行中の言葉に自信のない方などは積極的にオプショナルツアー専門会社のガイドを利用するのがベストでしょう。
オプショナルツアー専門会社のプログラムには、ツアー中に発生した事故によるケガや病気に対応する保険が、面倒な手続きや追加料金の発生など必要ない状態で付加されているのが一般的です。

従って海外旅行のオプショナルツアー専門会社を検討される際には、これらの点も十分に注意する必要があります。

日本語ガイドで安心!海外ツアーならタビナカ

 

 

あとがき

Cuyamaca Rancho州立公園は広大なエリアにキャンプ場やハイキング、乗馬、自転車等多様なアウトドア―を体験できるアクテビティのエリアです。

総延長160㎞を超えるようなトレイルコースや、家族ずれでも、1人でも、カップルでもといろいろな形で楽しむことができる楽しさがあります。

ハイキングを楽しみながら小動物を探してみたり、ストーンウォールピークやクヤマカピークへの登頂を目的としたトレッキングも楽しいものとなるでしょう。

サンディエゴやロスアンゼルスなどカリフォルニア州への旅をお考えのあなた、Cuyamaca Rancho州立公園も検討に加えてみてはいかがでしょう。
きっと思い出深い旅の一ページを作れることでしょう。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

グランドキャニオンの絶景に感動!一度は見ておきたい憧れの景色

絨毯のようなお花畑で癒されたい!カールスバッドのお花畑を楽しむ方法

スポンサーリンク

hokubei

Posted by hajimenotabi