プロフィール

 

はじめまして 「Hajime no tabi blog」のKirari1184と言います。

 

僕の育った環境

 

育った環境は田舎の山麓、子供のころからチビで引っ込み思案な性格でコンプレックスの塊でした。

そんな僕でも海外に出たことでコンプレックスを克服し、海外での仕事や旅行も自信をもってできたワケをお話します。

 

学校での席順は小学校でも、中学校でもいつも一番前の席。

友達も多くなく、友達と話すときも自信なさそうにはなす引っ込み思案の子供だったのです。

 

高校入学後も、席順はやはり一番前、指定席のようなものでした。

高校は元々は男子校だったのだが、僕の入学年から共学の道を歩み始めたのです。

 

でも最初の年には女子高生の入学は3名だけだったので、僕らのクラスに女子生徒はいませんでした。

他校との交流や通学途中で会う女子生徒に自信をもって話すことなどできない状態で、高校生活もコンプレックスに悩まされていたのです。

 

そのような僕が高校を卒業し、某大手電器会社に入社。

 

時代は昭和「モーレツ社員」などという言葉がはやっていた頃、仕事は淡々とこなすも相変わらず引っ込み思案の性格は克服できず、人とのコミュニケーションがうまくいかずに一歩踏み出せない

 

状態が続き、特に女性との距離を縮めることはなかなかできないと言った日々が続き、交際相手が出来るまでには相当の時間を費やしたのです。

 

残念ながら今でもチビであることに変わりなく、現代社会の中では女子の平均身長にも届かない150㎝足らずです。

個人的には平均身長と言った物差しでの表現方法は好きになれませんが、今では気にしないことにしています。

 

しかしながらこのコンプレックスを克服できたのが海外への出張の機会だったのでした。

 

 

コンプレックスを克服できた海外出張

日本国内での仕事の進め方に何かしっくりしない感覚を感じていた僕は、舞い込んできた上司からの海外出張の指示に飛びついたのです。

 

もちろん初めてのことなので、不安の塊でした。

しかしながら、好奇心の方が先に立ち、異文化の世界に飛び込んでみたいとすぐにオッケーしたのです。

 

出張先はアメリカ合衆国西海岸のロスアンジェルス、女子の平均身長にも満たないようなチビの僕が、大柄な体格ぞろいのアメリカ人社会の中で働くことなど僕自身やっぱり不安はいっぱいでした。

 

言葉の問題もあり、現地には日本人スタッフもいることから安心できる部分はあるも、直接会話が出来ないもどかしさは当然ありました。

 

でもアメリカの地を踏んだ時、目に入ってきた風景の中には、大柄な人ばかりでなく僕よりも低身長であったり、異様に太っていたり様々の人たちがいることを知ったのです。

 

言葉が通じないので、細かな部分まではわかりませんでしたが、多種多様な人種が居て、皆自信をもって生きている、仕事をしていると感じたのです。

自分の意見をきちんと持って、アピールしていることを感じたのです。

 

今までの日本の中では、ほぼほぼ日本人同士の中で、比べて引っ込み思案を感じ、チビであることに劣等感を抱きながら、自信を持てず過ごしていたコンプレックスの塊のような自分の殻を破れそうな感覚を持ったのです。

 

例えチビであっても、太っていても、人より劣っている部分があったとしても、比べる必要は全くないのだということを知ったのです。

 

海外出張、赴任を繰り返した日々

ロスアンジェルスの出張は約ひと月オーバーとなりました。

当初3週間ほどの予定だったのが、業務の遂行上延長を繰り返し、結果的に長くなったものです。

本人はこの状況を喜びと捉え滞在を楽しんでいました。

 

その間業務以外の時間は出来るだけ、外に出向き生の英語を耳にすることや、市場調査に充てたものでした。

 

街に出れば、職場以上に多様な人種の環境を肌で感じることができて、今まで自分の中で比べていたものはなんだったのだろうと自問してみました。

 

海外での生活環境や異文化に触れて、益々海外に興味を持った僕でしたが、会社を辞めて海外を転々とする事は難しいと考え、会社の業務推進の中で積極的に海外へ出向くことにきめたのでした。

 

海外で働くことの醍醐味は自分の力で、多くのことを成し遂げなければならないことでしょう。

 

企業の戦士として、海外派遣されていたとしても、日本人スタッフが十分にいるなどということはほとんどなく多くは部署に一人二人のレベルなので、ほとんどの業務を現地スタッフと共にこなさなければならないことでしょう。

 

それは個人で起業するのと同様に責任も存在することで、いい勉強になったのだと理解しています。

 

 

ロスアンジェルスへの海外出張を皮切りに、赴任・出張した渡航先

アジア圏 ・・シンガポール、マレーシア、中国、香港

ヨーロッパ圏・・ドイツ、イギリス、トルコ

アメリカ圏・・北米ロスアンジェルス、サンディエゴ(赴任期間1.5年)、メキシコ、

南米ブラジル(赴任期間延べ約8年)

 

他にプライベートでの訪問先

ポルトガル、スペイン、タイ、ヴェネズエラ、ペルー、パラグアイ、ボリビア、コロンビア、ギアナ等

 

ちなみに僕は若いころから、ラテン系の音楽を好んで聴いていましたが、延べ8年間に及んだブラジルへの赴任生活で、益々ラテンの世界観が好きになっていきました。

きっとコンプレックスで閉じ込められていた気質がラテン文化に触れて表に出てきたのだと感じていました。

 

人間はどんな状況にあっても、環境と意思によって変えることができるのだと実感した瞬間でした。

 

読んでくれたあなたに伝えたいこと

 

自分に自信が無くて引っ込み思案になっているあなた。

海外に行きたいけど、今一歩踏み出せないあなた。

何らかのコンプレックスを抱え、殻を破れないあなた。

 

人は誰でも多かれ少なかれ悩みやコンプレックスをもっているものです。

そしてそれが唯一無二の強みになることもあるのです。

 

自分だけの狭い知見の中で比べないでください。

異なった文化、今までと違う環境のなかに入ってみる勇気を持ってください。

 

チビで引っ込み思案というコンプレックスを抱えていた僕が、異文化を知って克服できたように。

悩みや不安を抱えて殻を割れずにいるあなた、思い切って一歩踏み出してみましょう。

 

そして今までに触れたことの無い異文化の世界に身をゆだねてみましょう。

きっと新しい変化に感動することでしょう。

 

海外の異文化の世界に飛び込もうとするあなたを少しでも応援できるような情報発信を続けます。

 

 

 

僕の趣味

ラテン系の音楽や文化に触れることが好きです。

ラテンのノリは自分に合ってるように感じています。

それはブラジルで過ごした約8年間でさらに強くなったのかもしれません。

 

 

 

ブログページ https://hajimetabi.com/

twitter           旅のはじまりはルンルン気分で@kirari1184

facebook page  旅のはじまりはルンルン気分で! | Facebook

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

Posted by hajimenotabi