海外に出て世界を見よう!不安を解消して異文化の世界へGo

はじめに

海外旅行は新しい文化や歴史、多くの外国人との出会いなど自分の価値観と異なる世界を知ることができ、カルチャーショックを感じるときもありですが、海外に興味を持ち出かけていきたいと考えているあなたに海外の魅力を紹介しています。

コロナ禍の現状ではなかなか海外旅行どころか国内旅行でさえもままならない状況で、コロナワクチンの接種率も上がってきてはいますが、残念ながらまだまだ安心できる状態とは言えませんね。

海外に興味をもって出かけてみたいと考えているあなたは、コロナ問題が解消する日をうずうずしながら待っていることでしょう。

今は実際に海外に出かけられる時が来るまでの準備期間として、気持ちの整理や準備すべき手続き等の確認、持ち物の整理など進めておくことが必要でしょう。

併せて不安を解消する手段としては渡航先の正しい情報を事前に十分収集し、項目ごとに対処方法を整理しておくことが大事なのです。

 

海外旅行に必要な手続きや準備

海外旅行を計画する場合には、日程を決めることやそれに合わせて飛行機のチケットなど手配することが必要になりますが、それ以外にも予防接種の必要性やら、パスポートやそのほかの手続き、或いはこまごまとした持ち物や日程に合わせたホテルの手配や現地でのルートなど決めなければならないことや整理しておくべきことがたくさんあります。

海外旅行の計画~渡航に際しての一連の流れの中で、必要な事項をまとめた以下のサイトを紹介します。

渡航前に必ず知っておくべき情報

快適な海外旅行を可能にするお役立ち情報

 

これら一連の流れの中の必要な手続きや用意すべき持ち物など、スケジュールに合わせて情報収集・準備・実行をこなしていけば、あなたのもやもやはひとつづつ消えていくはずです。

これらの中から必要な手順をクリヤーしていく事で、あなたが感じていた不安の一つ一つは自信に置き換わっていくものです。

 

海外旅行は何が楽しいの?・・・海外の魅力

海外に行く理由は人それぞれいろいろあるでしょう

何事も同じことですが、何か一つでも自分の殻を割れた時、自分に新たな発見ができたと喜びを感じることでしょう。

まさに海外に出て異文化の中に身を置くことは、すべてが新たな発見の連続のようなものなのです。

例えば日本国内の事であれば、地方文化や歴史などの違いによって方言など、言葉の違いがあったり生活様式が若干変わっていたりといった違いはありますが、本質的なところでは大きな違いは無く、またそれら情報もほぼ浸透していますから、大体は想像できる範疇にあります。

ところが世界の中での風習や文化や出来事は、ニュース記事にでもなっているものはわかるにしても、多くのことは未知の世界なのです。

【個人的に感じる海外へ出かけることの5つの魅力】

 

新しい発見がいっぱい

日本の国内だけの情報や生活では絶対に感じることできない【初体験】ばかりです。

日本の常識や感覚を基準にすれば、まるで正反対のような風習や文化に遭遇することもよくあります。

それはどちらが正しい、誤っているではないのです。どちらも其々が当たり前なのです。

食文化にしても世界の中には様々な食文化があり、日本で紹介されているのはほんの一部にすぎません。
特にローカルの食べ物などは全く違った美味しさに出会うなんてこともよくあります。

 

自分の視野が広がり価値観が大きく変わります

新しい発見に関連しますが、自分の価値観の基準が大きく変わります。

今まで自分が当たり前と思っていたことが、当たり前ではない世界があることを理解できるようになります。
視野が広がり、物事の価値観が変わることは、人間として一回り大きくなれるという事ではないでしょうか。

 

自分(日本)を見つめなおすことができます

視野が広がり、価値観が変わると今までの自分や、自分が住んでいる日本の良い所も、悪いと思えるところも何がどういいのか、或いは何がどう悪いのかはっきり見えるようになります。

良いと思うところでも更によくするアイディアが見えたり、悪いと思えるところをどう改善出来たらいいのかなどのアイディアも見つかったりと、面白みが増してきます。

 

多くの出会いがあります

海外に出かけるということは、人種の違いや言葉の違いを体験することは触れましたが、同様に多くの人種との出会いが待っているということです。

当然アジア人同士もあれば、日本人同士もあり、或いは欧米人、アフリカ人等々言葉や文化の違い同様に考え方の違いがある人たちにも出会うことができるのです。

それは自分自身の感性を一回りも二回りも大きくしてくれるものと信じています。

 

自由を実感できます

新たな発見の連続の中に身を置いていると、好奇心がどんどん芽を延ばし始めてきます。

「あれはどうなの?」「これはどうなの?」とみるものすべてが面白くなり、自由に突き詰めていきたくなったり、食べ物であればはまってしまうと言ったことになるでしょう。

但し特定の国や一部の地域では規制されている場合もあります。十分注意して行動することを忘れないように心がけましょう。

 

海外に出かけることの魅力はたくさんあると感じており、個人的には海外に出かけることそのものが魅力と感じております。

 

個人的に体感した価値観の違い

僕が海外駐在時代や海外旅行で遭遇した出来事で、日本(人)の感覚ではちょっと変、或いは日本はまだまだ遅れてるのか~と個人的に感じたカルチャーショックの事例を挙げてみました。

いずれもどれが良い、悪いというものではないが、個人の中では良いものは真似て、悪しきものは反面教師としたいと考えたものです。

スーパーマーケットのレジ前での飲食

アメリカのスーパーマーケットでよく目にする光景であるが、スーパーマーケットでの買い物中に商品の飲食をしてしまう。
例えばアイスバーやチョコレート等、商品を探す際に食べながら歩いているのです、日本ではまず目にすることはない光景です。

これはパッケージなどをきちんとレジに通すことできちんと支払いが行われているもので、よく言えば合理的ということになるのでしょうが、感覚的にはなかなか受け入れられない状況です。

バスの降車ボタンの代わりにロープ

アメリカのサンディエゴでバスに乗った際、目的地のバス停に近づき、降車の合図をしようと停車ボタンを押そうと探したが、ボタンがどこにも見当たらない、途方に暮れていると乗客の一人が、窓上のロープを引くのだと教えてくれたのです。

日本或いは海外でも多くのバスには降車ボタンがついているが、車内左右の窓際に設置されたロープを引くことで、運転席脇につけられているチャイムが鳴り、降車希望者がいることを教えているシステムがとても合理的で素晴らしいと感じた次第です。

リハビリテーションの考え方

アメリカで交通事故に遭い、右手首、右足首骨折で入院生活を余儀なくされ、以降リハビリテーションセンターにお世話になったが、この時に受けたリハビリテーションの考え方に感銘を受けたのです。

日本では骨折等の経験はなかったので、実際にリハビリテーションを受けたことはなかったが、巷のうわさや近しい人の印象がリハビリテーションは痛みが伴うのでやりたくないという声をよく聞いたものです。

アメリカでのリハビリ生活に入る際に、これを思い出し、これから辛い期間を我慢しなければならないな~と嫌な思いになったものですが、いざ始まってみると、アメリカでは痛みを伴うリハビリは行いませんとのこと。

詳しく教えてもらうと、測定データーを見ながら痛みが発生する直前までのリハビリを行うとのこと、これにはさすが進んでいると実感したものです。

インターネットバンキング

インターネット社会の中で、インターネットバンキングはとても便利なもので、非常に多くの方々が恩恵を受けているのではないでしょうか

僕自身が1994年にブラジルのアマゾンジャングルの中心都市マナウス市に赴任した当時は、まだ俗にインターネットと呼ばれるものが一般的には始まっておらず、パソコン通信と呼ばれた国内キャリア相互間の通信網の時代だったと記憶しています。

ブラジルマナウス市でも最初のISP(インターネットサービスプロバイダー)がスタートしたのが、1995年のころだったと記憶しているが、開始から2~3年後にはインターネットバンキングが実用化されました。

ブラジルでインターネットバンキングが始まり、マナウスでも系列銀行でスタートしたのでいち早く契約し、恩恵にあやかったものです。

2,000年後半に任期を終え日本に帰国、インターネットバンキングの便利さを身にしみて感じていたので、帰国直後すぐに銀行に出向き、インターネットバンキングを契約したいと伝えると、キョトンとされてそれは何だと言われました。

僕の意識の中ではブラジルで始まっているものなら、もっと進んでいる日本は至極当然に始まっていると信じていましたが、残念ながら日本ではまだ始まっていなかったのです。

(実際には1997年1月に日本のインターネットバンキングは旧住友銀行がスタートさせていましたが、広く地方銀行にまで浸透するには時間がかかっていたようです)

レストラン等のクリーニングにアルコールの使用

昨今コロナウィルス問題の対応のために、アルコールで消毒、或いは滅菌の手段が取られており、レストラン等のテーブル拭きなどもアルコールで行われることが多くなりましたが、ブラジルのマナウス市へ最初の赴任を行ったとき、テーブルをアルコールで拭いている光景にショックを覚えました。

当時僕自身がアルコールの認識も低かったこともあり、食べ物を扱う店でなんというもの(アルコール)で拭いているのだと憤慨したものです。

それが今では、多くのレストラン等食べ物を扱う店でアルコールでのテーブル拭き等を見るたびに、ブラジルのアルコール文化は日本に比べ進んでいたんだな~と感心致しました。

ウェルカムの人間関係

日本人の感覚では、どうしても初対面の場合なかなか受け入れることが難しく、様子を見ながら、或いは情報を取り込みながら仲良くなっていく、友達として受け入れていくというケースが多いと思うのですが、ブラジルの場合は全く正反対なので少々困惑しました。

遭う人は誰でもすぐに友達感覚になってしまう、友達として受け入れてくれてしまうのです。

ただ付き合っていく中で、人間を見ていて遭わない人間と判断したら離れてくと言うのが実態のようでした。

最初に見るか、後から見るかの差であり、結果としては同じことなのですが、感覚的には大きな違いを感じました。

 

これら事例のように海外に出てみて、肌で触れると日本では感じることのできなかった発見や楽しさに次から次と遭遇してくことで飽きないこともあり、自分が成長できるネタを提供してくれるところも大きな魅力と捉えています。

 

あとがき

海外旅行に多くの不安を感じている方は、まだまだ数多くいると思いますし、不安を感じているためになかなか一歩がはじめられないという方も多いかもしれません。

初めてのことやあまり経験していないことに対して不安を抱くことはごく当たり前のことですし、でもその不安を乗り越えて一歩でもその先に行けた時には、もっともっと多くの恩恵を受けることができるのもまた事実なのです。

これは海外旅行に限ったことではなく、スポーツでも実生活の中でも、同じようなシチェーションを感じることはたくさんあるのだと感じます。

そんな不安の解消の為に、このサイトを活用頂ければ幸いなことですし、海外に出るチャンスを作って少しでも非日常のすばらしさを実感出来たら、そこにはまた次の非日常の魅力につながっていくのではないでしょうか

海外に飛び出して、非日常の異文化の中で自分を見つめなおして成長していける、そんな魅力にまた会いたいと感じています。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク

Posted by hajimenotabi